毎日ゆる~く穏やかに過ごすための方法を紹介 >>

病院のSEの仕事内容とは?一般企業との違いを解説【経験談あり】

病院のシステムエンジニア 転職

こんにちは。転職を3回も経験したアラサーのぷんまるです。(プロフィールはこちら♪)

今回は、病院の中で働く「SE」と言われる職種についてお話します。

わたしはSEとして、「一般企業」と「病院」の両方で働いたことがあります。
でも病院は、わずか1年余りで退職しました。自分史上、最速です。

なぜ退職することにしたのか、一般企業のSEと何が違うのか、そのあたりを紹介していこうと思います。

就職や、IT系の転職先として病院を考えている人に、役立つ情報になればうれしいです(*´з`)

どんな病院に転職したのか

まず前提ですが、わたしが経験したのは「私立の総合病院」です。

内科、外科、整形外科など、様々な診療科がありました。

私立の病院なので、特徴を一言で言えば、「オーナー病院」と言えます。
オーナーは経営層のトップにあたる「理事長」になります。

一般企業との違い

わたしが経験した中で感じた、働くうえでの「病院と企業の違い」を説明します。

給与面での違い

まず、一番大きな違いはコレです↓

病院は給与が安い

一般企業(IT系の会社)で働いていた時に比べると、病院は6割程度でした。(これでも値段交渉した方です)

給与が安い理由は、「事務員扱い」されるからだよ

「SE」とは名ばかりで、実際にはそのような職種はありません。あくまで事務員です。
「総務」系の部署に配属されることが多いでしょう。

後で仕事内容にも触れますが、「少しパソコンに詳しい事務員」という位置づけになります。

文化の違い

次に大きく感じたのが、よくドラマとかで表現されることがある、これです↓

ヒエラルキーの存在

一般企業では「株主」が経営に口出しできますよね。
でも私立病院には株主なんていないし、第三者が経営に口出しすることはありません。

その分、理事長の権限が凄く強いのです。ここが「オーナー病院」の特徴でもあります。

また、よく病院では「ヒエラルキー」という言葉が使われますが、実際に働いてみて、ヒエラルキーを感じることは、たまにありました。
人によって感じ方は違うかもしれませんが、事務方のトップ(管理職)が新人医師に媚びへつらう感じです。

理事長を筆頭に、医師、看護師…そういう文化が根付いているんだと思います。

ちなみに「SE」が含まれる「事務職」は、一番下の階層でした。
どんなに凄いIT系の資格があろうと、関係ありません。宝の持ち腐れになります。

実際の仕事内容

病院での仕事には、こんなものがありました。

  • ヘルプデスク
  • 庶務(物品購入、稟議書の作成)
  • 業者とのやりとり(見積依頼)
  • 見積の比較資料の作成
  • 関係者の日程調整
  • 会議設営(パソコン、プロジェクターの設置)
  • 売上分析などの経営会議の資料作成
  • パソコンやプリンター、防犯カメラの修理対応
  • 配置換えの時にパソコン類を動かす

システム開発のような、プログラム書いたり…という作業はありません。
システムの設計、導入などは全て業者さんにお任せしていました。

ちなみに感覚としては、「ヘルプデスク」の割合が一番多かったです。(4割位?)

内容は簡単なものから、調整が必要なものまで。
こういったものが多かったです。

簡単な依頼の例
  • プリンターが印刷できなくなった
  • パソコンが固まった
難しい依頼の例
  • 電子カルテ、ココの機能をこうして欲しい
  • このフロアにも無線でネットワークに接続できるようにしてほしい

また、スキル的にエクセルが使える職員が全然いなかったので、資料作成の作業も行っていました。

特殊な要望を受けて、フリーソフトで実現できないか、調査することもありました。

要望や質問は、本当に多岐にわたります。
そのため、臨機応変に色んなことに対応する必要がありました。

仕事で使う道具もたくさんあるので、こちらの記事にまとめています↓


あと、「IT系の専門性」は重要ではないと思います。ただ「必要なスキル」はあるので、後で詳しくお話します。

今思えば、こういう本を読んでから入職すればよかった(;´Д`)

病院で良かったこと

ここからは、病院で働くことのメリットを挙げていきます。

感謝されることが多い

まわりにIT系に詳しい人がいないため、些細なことで感謝されました。

自分が「当たり前に知ってるだろう」と思うことでも、ほとんどの人が知りません。
特にIT系の出身者が病院で働くと、カルチャーショックを受けること間違いありません。

「動かないんです」と言われて見に行ったら「線が抜けてる」とか、よくあります。

普段は定時で帰れる

まず、ほとんどの業務に「納期」がありません。

依頼してくる人は病院の職員で、「□月○日までにお願いします」と具体的に言われることは、ほぼありません。(普段、プロジェクトを「WBS」でスケジュール管理しているようなSEさんだと、カルチャーショックは凄まじいはず。)

逆にこちらから「いつまでに必要ですか?」と聞かないと、期限が切られません。
そして期限を聞いても、「なる早で(なるべく早く)」という、ザックリとした答えが返ってくる事が多いです。

なので、緊急のトラブルや深夜作業が無い限り、基本的に定時で帰ることができます。

病院で嫌だったこと

わたしが病院を辞めた理由にも繋がりますが、働いてみて「嫌だ」と感じた点を説明します。

「何でも屋」になる

基本的に「電源がつく系の機械」は、ほとんど任されます。「デジカメの調子が悪いから見て」とか、「プロジェクターの調子が悪いから見て」などなど…あまりシステム的に関係無くても頼られことが多いです。

あと、「些細なことで感謝される」と書きました。
逆に言うと、本当に些細なことで現場に呼ばれます。

例えば、「パソコンのモニターが映らない」と電話が入ります。
個人的な感覚だと、モニターが映らなければ「電源入っている?」とか、「線の接触が緩んでいない?」など、自分である程度調べてから電話します。(緊急の場合は除きますが。)

それが病院にはありません。職員のITリテラシーが低いので、あり得ないことが起きたり、何か調子が悪いと即電話されたりします。(緊急じゃなくても)

場所が近ければ良いのですが、「1階から8階まで見に行かないといけない」となると、どうでしょう?
正直、「それくらいで呼ぶなよ(-_-;)」って思ってしまいます。というか、移動中に直せるんじゃないの?と思ってしまうのです。

だって、IT担当の職員は1人、2人しかいないんですから!いちいち手が止まります。

ポイント

病院のIT担当者は、ほぼ「ひとり情シス」です。
1人、2人で対応しています。他の業務と兼任していることも。

職場に頼れる人が少ない

いろんなことを聞かれたり、要求されるので、自分の知識だけでは解決できないことが多くあります。

でも、自分で解決するしかないのです。

当時はGoogle先生が良き相棒でした

Google先生でもわからない場合は、普段やりとりしている業者の方に助けを求めます。
だから、普段から業者といい関係を築くことはとても大切です。

特に一番困るのは、「保守に入っていないシステム」でトラブルが起きた時です。
本当、青ざめます。


こういう場合は業者に泣きついて、スポットで対応してもらうしかありません。
もちろん、後で請求書が送られます。

もう一度いいます、「業者を味方につけるべし」

関係が良くないと、緊急でも対応されないかもしれません(;´Д`)
そうなると、きっと責められるのはIT担当のわたし…( ;∀;)

なので普段から上司に、「このシステムは保守に入っていません。問題が起きたら、その都度お金がかかりますよ。」とアピールしておく必要があります。

経営層がITインフラにお金をケチりすぎると、しわ寄せが自分のところに…
わたしはこの点がストレスでした(-_-;)

医師や看護師との調整

仕事をするうえで、医療スタッフの人と調整することがとっても多いです。

割合でいうと、こんな感じ↓

  • 看護師…4割
  • クラーク(医療事務)…3割
  • 医師…2割
  • その他、薬剤師など…1割

みなさん患者さん相手に忙しそうにしていることが多く、雰囲気を読んで話しかけに行ったり…とても気を使いました。


命を預かっている現場だから、しょうがないのですが…
この「気軽にコミュニケーションが取れない」というのもかなりストレスでした(-_-;)

一般企業だと、会議中じゃなければいつでも話しかけられたり、チャットツールがあったりするので、この点がギャップでした。

関係会社が多すぎる

病院に入社してから1年で、色んな業者の人と会いました。
その数なんと…100人以上!

おかげで名刺が100枚以上も溜まりました( ;∀;)

多すぎて、訳ワカラン!

いろんな業者の、いろんなシステムを扱っていたので、頭の中がグチャグチャです 笑
システムの種類なんて軽く10は超えていました。

普段やりとりしていた業者は3社くらいなのですが、たま~に「このシステム、どこの業者の誰に聞けばいいんだったっけ?」的なことが起こります。

電子カルテだけでなく、「部門システム」という細かいシステムがたくさんあって、管理も煩雑でした。

単純脳のわたしは、この点も難しかったです。

必要なスキル

病院のSEは業務範囲が広いけど、このスキルがあったら重宝されます。

  • ネットワークの知識
    IT系の中では、一番役立つスキル。ネットワーク系のトラブルも多いですよ。
  • プリンターの基礎知識
    プリンターの種類とか、トナー、ドラム、などの用語が分かっていればOK
  • パソコンのハード的な知識
    パソコンの不調トラブルは、よくあります。
    なので自作パソコンを作っているような人は、ある意味楽しいかも。
  • 電気系に関する知識
    電気機器の配置をする時、「このコンセントは○○ワットまでだから、これ位までなら繋いでOK」みたいな判断が必要になることがあります。
  • 医療情報に関する知識
    「診療報酬」とか「オンライン請求」、「レセプト」など、医療事務的な用語や、「JLAC10コード」など、医療情報の用語を理解する必要があります。知識をつけるには、「医療情報技師」という資格を取ることが最初のステップです。

メディカル系IT企業の人は得意かも!

会社名が「○○メディカルシステム」の人とかね♪

  • コミュニケーション力(特に説得力、調整力)
    一番必要なスキル。「伝書鳩」状態になることが多いです。
    病院には色んな職種の人がいて、人の入れ替わりも多いです。
    そのため、知らない人と調整が必要なことが多々あります。
    「まず、あなた、誰…?」から始まること、よくありますよ。

わたしは知らない人と調整するの、超超超ニガテです( ;∀;)

応募するには

繰り返しになりますが、病院のSEは「ひとり情シス」なことが多いので、求人数は少ないです。
でも一定数はあります。探せばあります、何事も。

探し方は4つあります。

  • 一般の転職サイトで探す
    わたしの場合、「マイナビ転職」に載っていた求人に応募しました。
  • 「医療情報技師育成部会」の公式サイトで探す
    「医療情報技師」という資格の主催団体のサイトです。応募条件に「医療情報技師」の資格が必要な場合があります。
    一覧でキレイにまとまっているので、手っ取り早く探せます。
    ➡ 公式サイトの求人ページはこちら
  • 病院の公式サイトで探す
    一般の転職サイトに載っていない場合でも、「実は募集していた」なんてこともあります。気になる病院がある場合は、定期的にチェックしましょう。
  • インターネットで「病院」「SE」「求人」で検索する
    最終手段です。取りこぼしが無いように、インターネットで検索もしてみましょう。

たまに募集要項に、「未経験でもできます」とか、「専門的な知識はいりません」とか書いてあることがあるけど、あれは嘘です。あとあと、絶対にさっき書いたスキルが必要になってきます。

「未経験大歓迎!」って書いてあるものは、注意が必要だよ。

役立つサイト

わたしが病院で働いていた時、よく見ていたブログです。


業務に役立つ記事や、共感できる感想がありました。超オススメです。

まとめ

一般企業との比較をまとめました。

  メリット デメリット
一般企業 ITスキルが上がる
頼れる人が多い
「できて当たり前」的な雰囲気
定時帰りは難しい
病院 感謝されやすい
定時で帰れる
何でも屋になる
頼れる人が少ない

ちなみに、わたしはこんな理由で合いませんでした( ;∀;)

  • 知らない人や、普段話さない人と調整するのが苦手
  • 一人でモクモクと作業をしたいタイプ

病院は、とにかくワークライフバランスを優先したい!という人には良い環境です。
「正社員で毎日定時で帰れる仕事」って、あまり無いんじゃないかな~、と思います。

ちなみに、病院を辞めた後の話はこちら↓読んでみてね♪

参考になればうれしいです、それでは!

タイトルとURLをコピーしました